×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はとバス 観光 車両情報!

はとバス 観光 車両

カテゴリー :はとバス 観光

観光の達人はとバスの車両に迫ります。
はとバスは、定期観光バスをはじめとして、国内の観光バスをリードする様々な特徴ある車両を、国産・輸入に関わらず導入してきました。

はとバス一般タイプ

国産の一般タイプは、いすゞ自動車製の大型スーパーハイデッカーが中心(東京いすゞ自動車が株主のため)で、9m車やスーパーハイデッカーの一部で僅かに日野自動車製を導入した程度で、他社のようなハイデッカー車は上高地方面用の一部車両にとどまっており、全体的にレベルが高いです。多くは補助席付き55人乗りタイプであるりますが、いすゞ・ガーラをベースとして、自社主催ツアー向けの「フォルテシモ」・「ピアニシモ」と称する、3列席を備える2タイプの高級観光バスや少人数向けに9mクラスの車両も投入されています。なお、ガーラ登場以前のいすゞ製大型車は富士重工業製の車体を中心に架装、スーパーハイデッカーは現行型のセレガ(貸切)/ガーラ(定期観光)導入前はフロントウィンドウにセンターピラーが入った上下2枚窓タイプを採用していました。

はとバス輸入車・2階建て車

ドイツ製のはとバス観光2階建てバス「ドレクメーラー・メテオールE440」が2世代にわたって導入され、定期観光のはとバス2階建て車使用コースの主力として活躍しています。一時期ベルギーの「バンホール・アストロメガTD824」が導入されたが2台にとどまり、2005年3月からハローキティバスとして活躍中。 最近は輸入観光2階建てはとバスは縮小し、三菱ふそう・エアロキングも導入されるようになりました。
はとバスの車両も奥が深いです。

コラム > はとバス 観光 車両について書かれています。

はとバス 写真 カメラ

カテゴリー :はとバス 写真

はとバスの旅行に行く際は必ずカメラを持っていきたいですね。はとバスでなくとも、観光旅行には必需品です。思い出の写真を残しましょう。
はとバス旅行でカメラを持っていってもせっかく撮った写真が”ピンボケ”なんてよくありますよね。カメラはオートフォーカス(AF)の時代になり、誰でもピントの合った写真が撮れるようになりました。「AFではそれなりの写真が簡単に撮れるので、レンズの特性やピントに注意を払う方が少なくなった」ため”ピンボケ”が起こると考えられます。ただ単にピントを合わせるだけなら固定焦点のパンフォーカスカメラ(背景も含めた画面全体にピントが合うように設計されたカメラのことで、使い捨てカメラなどがそうです)で十分なのですが、もう一歩ステップアップするためには、たとえば目的の被写体に重点的にピントを合わせて背景をボカし、主人公を際立たせるといった、ピントの操作も覚えておいた方がいいでしょう。せっかくのはとバス旅行ですから、しっかりした写真を残したいですよね。あと、はとバスも記念に撮ってください。

コラム > はとバス 写真 カメラについて書かれています。

はとバス 東京 メイン

カテゴリー :はとバス 東京

みなさんは「はとバス」を知ってますか?何となく聞き覚えがあり、沖縄の方で乗ったことがある人はかなりの”通”だと思います。なぜなら東京メインの会社だからなかなか「はとバス」を東京で乗りに行かれる方は少ないかと…。
ただこの「はとバス」意外と歴史があり東京の人達には知名度も高く、好んで乗られる方も多いみたいですね。東京の下町から、いま最も栄える場所までくまなくいくコースなんかもあって、普段なかなか見られない東京を楽しむ事ができるみたいです。
私が東京といって連想するのはやっぱり「はとバス」ではなく大都会とか、東京タワーとか、東京ディズニーランドとか(あ、東京ディズニーランドは千葉ですね(笑)。)都庁、六本木ヒルズ、空気が汚い、人が多い、日本の中心…といった所でしょうか。生まれてこのかた東京へは2回だけ、しかも1回は仕事でした。そういえば、駅のホームで乗り換えがわからなくなり売店のおばちゃんに尋ねたら顔も見ず声も発っさずアゴだけで方向を指された記憶がありますね。(泣)でもなかなか行く機会も少ない東京だからこそあえて時間を有意義に使い、「はとバス」でのんびり東京探索するのも悪くないかもしれませんね。

コラム > はとバス 東京 メインについて書かれています。